アイデア。


『すいません。色々な理由がありまして 

 出来ません。』

『協議してみましたが、これはできない 

 ということでした』


最近このようなお話がありました。


結果はオッケーです。

できないものは仕方がありません。


【どうやったらできるのか】

これが一番重要ですよね。むしろこれしかないと私は思うんです。


ご希望の内容はできませんでしたが、ここをこうすればできることがわかりましたので、

いかがでしょうか。


これは規制上できないが、こういった形であればクリアできるんだったら、それはそれでいいよね、仕方ないよねという流れになることも多々あります。


会社の規模上で出来ないこと、法律の規制上でできないこと、取り扱いがないのでできないこと、理由は色々ありますので、それは致し方ありません。


もう一歩踏み込んだ回答をお客様にすることができれば、この人に任せてみたいなと思われるかもしれません。


これは業種に限らず重要な内容だと、私は思います。


特にアッパー層のお客様はそういった内容を求められており、その返答次第で見切られていることも多々あることが現実です。


できないことを通達されるためにわざわざ時間取ったの?となります。

貴重な時間をとって頂いたからには、できない説明はさておき、こうやったらできるんですよが聞きたいのは当たり前です。


お客様から最近そういった貴重なお話を伺いましたので、以後は自分もそうならないようにしていこうと思った次第です。


明日も頑張ろうと思います。


閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示