タイミング。


本日はタイミングの重要性を感じた一日でした。


物件をご検討いただいていたお客様が、本日ご結論という内容でお話をさせておただいておりました。


そういったなか、朝一番で他のお客様から購入前提でご相談したいとご連絡を頂戴しました。


非常に両方とも有難いお話でしたが、順番はきっちり守らせていただくことが前提ですので、先に検討のお客様にご連絡を入れさせていただいたところ、購入決定のお言葉をいただきました。


ある意味ですが、本日ご連絡いただいたお客様が後押しになった部分も少なからずあったのかもしれません。


各物件は問合せの波があるのは当然ですが、本当に不思議なくらい重なる時は重なります。


示し合わせたかのように重なります。


私はどの物件でも受任する訳ではなく、特に中古物件に関しましては慎重になります。


土地であれば、建物はお客様の自由にお選びいただいてよいのですが、中古物件となりますと建物も含めての売買になるからです。


もし傾いたり、雨漏りしたりしたらおおごとになります。


ですので、設備を入れ替えてリフレッシュ完了!!のような販売はしないようにしております。

建物そのものがどういう状態なのか、地盤は地域的に大丈夫なのか、すでに沈下が進行していないかなどなどをしっかり見ていく必要性があります。


土地は一般的には履歴などに大きな問題がなければ大丈夫です。


建物は何が起きるかはわかりませんので、色々と慎重に進めていく必要性もあります。


そういった中で色々なお客様にご検討いただけたことが嬉しい限りでした。


今後も100%の安心とまではいきませんが、しっかりと後ろ盾がある物件を選びながらご紹介させていただければと思います。



閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示