ダイレクト。


最近なぜか事務所へのダイレクトの

お問合せが増えてきました。


ちょっと前まではアットホームさん経由などが多かったのですが、なぜかダイレクトコールが増えてきました。


有難いお話です。


売却依頼も今月数件頂戴しまして、

こちらも有難いお話です。


いざ査定してみますと、当時の購入金額との乖離があるケースが多いので、

致し方ない面もあります・・・。


最近は買い手側も相場なども簡単に調べることができるので、高すぎる金額設定などもできませんし、逆もしかりです。



でも一番は、根拠を元に両者歩み寄りできる形でのご成約がベストかと思います。


売却タイミングはご相続や転勤など様々ですが、最近のタイミングはご親族が結構地価が

高い時期に購入された物件の売却希望が多いです。


その当時と比べますと場所によっては半額以下にもなってしまいますし、ここ十数年の間で自然災害も相当多くなってきていますので、ハザードに対する位置づけも重要なポイントに

なってきています。


土砂・洪水ハザードと2019年の水害を元に見直しもされていますので、価格の変化が起こっている要因にもなっております。


色々な思い入れのある不動産だと思いますので、うまく歩み寄りできるようにさせていただければと思います。


もしお困りの状態の物件などございましたら、お気軽にお問合せください。



閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示