住宅ローンの組み方。

更新日:2021年6月17日


「ローンはできる限り少なくしたい」

「税金面でもメリットをだしたい」

「金利って交渉次第では下げられる?」


など、皆様色々とご心配事はありますが、やはり建物完成や引き渡し後の返済がスタートするまでは不安が大きいかと思います。



結論から申し上げますと、以前からお伝えしてますがご家庭状況はそれぞれ違いがありますので、ローンの組み方によるメリットの出し方もそれぞれです。


そういった中で、最近主流なご家庭状況はご夫婦共働きとなります。


例えば年収がご主人500万円・奥様300万円の場合で、土地建物購入される場合は

土地建物の持ち分を分けてご所有される(8分の5と8分の3など)とよいと思います。

ローンも連帯債務といった形式となります。


扶養ご家族人数などにもよりけりで、お子様やご両親様が扶養にはいってらっしゃる場合などは所得税が減額されていますので、お勧め按分も変わってくることはご注意ください。


他にはローン控除期間中に奥様が退職予定であったり、産休・育休で何年もお休みされる予定がある場合は、按分しない方がメリットが出る場合もありますのでご承知おきください。


しっかりと事前に相談していけば、同じ借入金額でも還元額が変わってきますので、安易にローン契約をする前に、しっかりとプロに相談することが重要です。


一般的なローンイメージからしますと、ご主人様一人で組むようなイメージが強いですが、今はそういう時代ではありません。


そして金利は交渉して引き下げることも可能です。

もちろん融資審査承認が前提にはなりますが、条件が合致すればキャンペーン金利より多少下げてくれる場合もありますので、ご相談ください。


少しでもご家族のお財布にメリットが出るような組み方をご相談させていただきますので、

ご興味ありましたらFP相談ご予約ください。


今日は朝のランニング中に首をひねってしまい、痛みが残っていますが何とか乗り切れるように頑張ります。


梅雨時の貴重な晴れ間になりそうですので、外回りもしていきたいと思います。








閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示