top of page

現場で何かが。


『事件は現場で起きている』

こんなフレーズもありましたね・・・。


昨日は雨の中怒涛の4件現場案内。

私のキャパを越えました 笑


あまりに寒く、雨に濡れ、靴は泥だらけになり、帰宅後靴を必死に洗いました。


ま、そんなことはさておきまして

本題へ・・・。


現場案内とは一体何なのかと考えさせれれる一日でした。

4組中2組のお客様からお聞きした

お話になります。


現地集合、時間ピッタリにきて玄関のカギを開ける。

そのあとは、ほぼ無言。どうぞご自由に見てください状態。お客様が、何か悪いことしたかな?と思われるような態度だったそうです。


これはなかなかですよね。

もちろんお客様の中には、ゆっくり見たいので何かあったらお声掛けしますねというような

タイプの方もいらっしゃいます。相当レアではありますが・・・。


私の考えでは、お客様は興味がないと現地見学には来られません。

そういった中で、何も説明もしないというのはどういう神経をしているんだろうと

思います・・・。


逆に強靭なメンタルの持ち主であることは理解できますが・・・。


その物件を購入されるかどうかは巡り合わせもありますので、いったん置いておいて

きちんとご説明はするべきではないでしょうか。


同じ業界にいる者としまして、大変申し訳なく思いました。


私もそういったお話は以前から耳にはしていたのですが、生のお声をおききしますと

正直仕事をなめているなとしか思えませんでした。


ま、それでも購入する人はいらっしゃるとは思いますが、気持ちのいい購入ではないかと

感じます。


決してそういったことに私はならないように、しっかりと準備をしながら

ご対応させていただけるようにしていきます。


よい天気になってきましたので、素敵な休日をお過ごしください。








閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page