社会貢献。


『土地相続はしたが、使い道がない』

『相続税がかかるくらい財産がある』

『長年住んでいる地域なので、あまり

 変な使い方はしたくない』


土地を所有はしているが、どうしていいかわからないというお客様は非常に多いです。




【どういった活用方法があるのか】

①売却する

 一番シンプルな方法ですね。場所にもよりますが、住宅用地・事業用地・農業用地など、

 色々な用途を見極めながら売却先を探しての売却となります。

 現金化するには手っ取り早い方法かと言えます。

 想い入れもあるかと思いますので、少し寂しいかもしれませんが、相続時にもめないよう

 に現金化しておくということも大切です。


②貸す

 駐車場・クリニック・介護施設・店舗など、こちらは色々な方法があります。

 土地名義はご自身のままというメリットはあります。

 借主が建物を建てて、地代を借主から頂戴するといった形や、建物は貸主側で建て、

 借主側に貸す(リース)という形も存在します。


 いわゆる建て貸しというパターンです。

 サ高住や福祉施設・クリニックなどがこういった形をとるケースが多いです。


 契約形態は色々とありますが、20年や30年間での契約形態になりますので、ご安心頂ける

 内容ですし、ご自身のお支払いの持ち出しはありませんので、そこもご安心いただける

 要素となります。


 ご相続財産が税金対象になられる額に達しているご家庭は、マイナス資産(借入)を残

 しておくことが税金対策となります。


 クリニック・介護施設・サ高住などは地域貢献・社会貢献度も高い施設ですので、

 お勧め案の一つとなります。


 空き家問題も顕著化しておりますが、空き地のままにしておくよりは、有効活用される

 ことが資産形成につながりますので、ご興味ありましたらお声がけください。


 今日も気温がすごいことになるとのことですので、水分補給忘れずにお過ごしください。


 

 



閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示