税制が・・・。


ついに本格化しました。

ローン控除率1%から0.7%へ変更。

控除期間は10年から13年に延長は維持。


控除対象金額も最大5,000万円に拡充。


諸々ありますが、これは予想より大きなプラスと言えるのではないでしょうか。


当初は13年延長が10年へ縮小。利率は借入利率が上限となるなどの話もありましたが、

それに比べますと少しは息を吹き返した内容かと思います。


それでも借入金額によっては従来より200万円近く控除額がマイナスになるご家庭も多くなりますので、決して良かったと言える金額ではありません。


【13年をうまく利用するには】

ローンを組むことには変わりないですから、いかに低い利率で借入できるかがポイントになります。

0.7%をいかに下回れるのか。

方法としましては、保証金前払い(内枠方式にしない)、ネット銀行利用(地銀の方が安いケースも多々ありますが・・・)、ひとつではなく複数の金融機関と話をするなどがあげられます。


0.7%の壁は打ち破れないので、ガン保険や三大疾病保険など含みで0.7%になれば最高ですね。(それには0.5%を下回る必要性があるので、何とも言えませんが・・・)


ウッドショック・半導体不足など、購入価格・完成時期の不安定さは否めませんが、いかに資金をうまくまわしていくかが今後の課題です。


価値のある不動産に、価値あるご家族のお金を投入し、将来的に価値ある財産として残せていけるような不動産との出会いができれば最高ですね。


いつでもご相談には乗らさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示