350メートル。


ウッドショックの余波がいつまで続くかはあれですが、木造での高層マンション・ビル計画が色々と進んでいます。


すごいですよね。

信じがたいですが、それを実現してしまう日本の技術力は素晴らしいです。


【最大350m・70階!!】

住友林業さんは2041年完成目標で70階建て350mの超高層ビルを木造にて建設する「W350計画」(そのままの略ですね・・・)を発表されています。

もちろん純粋な木造ではなく、鋼材と組み合わせた木鋼ハイブリット工法になります。


それにしても鉄筋鉄骨ビルのイメージしかない私には驚きしかありません。

さすが住友さんです。住宅約8,000棟分の木材利用になるそうです。

それによって間伐や再造林などの森林整備が進み、森を健全な状態にすることが可能になる

ようですので、いいことだらけですね。


完成したら必ず見学に行きたいなと思います。


【その他も続々参入】

その他にも三井ホームさん・木造構造建築大得意の竹中工務店さん、ゼネコンの大林組さんなどなど、続々と木造高層ビルに参入してきております。


都心部は木の温もりをもたらすことでもたらすことで癒しやリラックス効果も生まれ、様々な点で相乗効果が生まれるといわれています。


最近私も仕事で立科方面に出かけていますが、やっぱり自然はいいですよね。


都会にオアシスがたくさんできれば、日本の平均寿命はもっともっと伸びる気もします。


ウッドショックによって、地産地消の重要性がどれだけ大切かが見直されてきていますので、これを気に国産の木材が幅広く使われることに期待したいと思います。


そうすれば森林管理もより強化され、先日の土砂災害のようなずさんな管理体制も撤廃されることにつながると思いますので。


少し曇ってきたので一雨くるかもしれませんが、残り半日頑張りましょう!!





閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示