不適合。


最近色々忙しく、忙しくなれば色々と

難題も出てきます。


売主様側の意見、買主様側の意見など

想いは色々です。

どちらかに偏った気持ちを持つわけにもいきませんし、契約書の内容も内容で

遵守が必要になります。

しかしながら、どちら様も建物に不具合など出た際には色々なご意見がでます。


あくまでですが契約不適合責任とは、契約内容と違った内容があった場合には責任が生じるということです。


更地売買の場合は特に何かが生じるケースは少ないですが、中古住宅売買の場合は

色々と諸問題が出てきやすいです。


お引渡し後に設備関係の故障、告知事項にはなかった内容の発見などなどです。

もちろん悪意ある売主様の場合は別ですが、そうでない場合は契約書内容遵守が

スタンダードとなります。

そのような想いも買主様からお伝えいただくと、こちらも売主様に掛け合ってみたりする

ケースもあります。


もちろんですが、契約内容からしますと売主様の免責事項になることが大半ですが、

買主様の想いが少しでも伝わればと思い交渉してみることも多々あります。


でも世の中そんなに甘くはありませんので、そういった交渉はうまくいきません・・・。


どこまで踏み込むのかなど色々な考えはありますが、とりあえずはまずはお話しをてみて

何か少しでも買主様の想いが伝わればとは思ってはいますが・・・。


日々葛藤はありますが、そういった中で売主様買主様がお互い満足いく着地点を

見出せるように、以後も頑張っていこうと思います。


御開帳も残り4日になりまして盛り上がっておりますので、

お時間ある方は是非お越しください!



閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示