top of page

交渉。

更新日:1月22日


仕事柄毎日交渉続きです。

これを楽しめるかどうかが、仕事と

人生を楽しむ鍵かと思っています。


私の鉄則は無駄な駆け引きはしない。

理由はお互い時間の無駄なのでです。


打合せしたい連絡があり、急遽予定が入ったのでとキャンセルが入る場合も

あります。

私は基本それ以上深追いはしません。

本気で検討されたいのであれば自ら再度動くでしょうし、押売りする金額帯の代物ではないからです。


熱意・情熱はもちろん持ち合わせておりますが、後ろ向きなお客様にお勧めすることは

熱意ではありません。言い方を変えればお客様にもいい迷惑にもなります。


ですので、過度な値引き交渉にも応じません。

これもそのやりとりがお互いの時間の無駄につながり、さらには関係悪化につながるケースもあるからです。


ですので値引き交渉が複数回になるお客様には、これ以上続きますと関係悪化につながりますので、控えてくださいとはっきり申し上げます。


そういったことが、以後お互い気持ちよく話ができる関係が築ける要因にもなります。

もちろん出来る場合は、出来る範囲でご相談には乗りますが。


そして、お名前・住所・連絡先もない中で情報だけ教えてくださいというお客様も、基本は

お断りしております。


販売しているとはいえ、将来的には購入された方の個人情報に値する内容が多々含まれますので、そこの線引きはしっかりさせていただいております。


そこを求めますと連絡が途絶えるお客様も時にはいらっしゃいますが、

本気度がわかりますので、お互いに無駄な時間を使わずにすみますので助かります。


そして業者さんからの問合せです。

「資料くださいのみメール→資料送ります→その後なんの音沙汰もなしパターン」は

よくあります。


一度そういったケースがあった営業さんには、私は以後に資料提供はしないように

心がけております。


理由は明確で、こちらにお礼もできない(しろという訳ではありません)営業さんが、

自分のお客様にきちっとした対応ができるわけがありません。


そういった営業さんにあたるお客様がかわいそうですので、自社物件には絡んで

いただかないように心がけております。


業者とお客様によって対応を変えるという人は多いかもしれません。

しかしながら、それができていると思っているのは営業本人だけです。


ふとした瞬間に業者さん用の態度が出てしまいます。


そういった営業さんに何千万円も預けることは、私は絶対にお勧めしません。


私ができることは自社物件に関してはそうならないように、陰ながらご協力していく

ことしかできないのでそうさせていただいております。


それも聞かれたときには、はっきりとお伝えさせていただいております。


何千万円になりますので、お客様は気持ちよく購入されたいと思います。


当社物件に関しましては、皆様がそうなるように以後も努めさせていただきます。


寒くなってきましたが、素敵な一日をお過ごしください。



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page