住む。


屋根・壁・ドア・窓・水まわりがあれば住めますかね。


そう考えますと、賃貸でも持ち家でもマンションでも「住む」くくりは同じですね。

でも皆様どうして自分の家を建てるために土地購入、住むための中古購入をされるのでしょうか。


【安定】

私が自宅を建てたのは今から12年前になります。

一番変わったのは生活の安定感でしょうか。賃貸がだめとかそういうことではなく、妙に生活が安定した記憶が鮮明に残っています。


やはり自宅という喜びもあり、自分の好きなようにアレンジもしていけるので、嬉しかったのだと思います。


【返済】

これは一番気になる点ですよね。

最初はアパート家賃よりはあがるのでドキドキしてましたが、光熱費、ローン控除などを加味して考えますと、アパートとほぼ変わらずか、もしくはそれを下回る返済額となりました。

これはしっかりシミュレーションしてみるべきですね。

人間未経験のことに対しては恐怖感を覚え、それをぐいぐいおしてくる営業マンが悪魔にしか見えないというよくある構図が成立してしまいますので。。。


悪魔が何を話そうがもう何も覚えてませんね。

悪魔さんはやりきった感でおられますが、実際は・・・。よくみてきたパターンです。

営業マンさんお気をつけてください!!


【未来予想図】

人間だれしも基軸は現在です。一番わかりやすいですし、現在しか生きれませんので。

でも住まいに関しては、未来予想図をしっかり描いた上でお考えください。


例えば、20年後はどうしてるかな?子供たちはもう家を出て独立し、夫婦二人で生活してるんだろうな。

二人になることを考えると、そんなに広い土地は税金面も管理面も大変そうだなとか。


いや、待てよ。将来は子供と二世帯住宅にしたいから、今は新築ではなく中古でいいんじゃないかな。などなど、色々な想定が可能です。


今は戦略として安価で建物を提供する業者様も多い時代です。


10年後はどうでしょうか。保証延長のために壁塗替・防水面やり替えなどなど思ったより多額の費用がかかります。


現時点比較は非常に容易ですが、未来比較は難しいです。特に不動産は。


ですので、最終的に金額に流される気持ちもよくよくわかりますが、その流され方がご自身にどう跳ね返ってくるかを見極めた住まい選びをしていただければと思います。


今日明日で打合せが8件とスケジュールがとてもタイトです。


打合せがあることがありがたいことですので、しっかりと対応させていただこうと思います。







閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示