top of page

南国。



知人の結婚式などがあり沖縄県に上陸してきました。


見渡す限りの海・空がとても美しく、これほど透明な海も初めてみました。


子供達にとっては初めての海でしたので、とても美しい海を見せられて

よかったです。


穏やかな波が足にまとわりつくことが面白いらしく、長い時間楽しんでいました。


行く場所や環境を積極的に楽しむ姿は、本当に見習うべきだなと思います。


旅行はどこに連れて行っても、いつもここが一番気に入ったと帰る日には

言ってくれるので、それもまた嬉しい限りです。


生きていく上で大半の日々は同じことの繰り返しにはなりますが、

そうでない日がたまにあることが生きるパワーにもなっている気がします。


自分が子供の頃の記憶は色々とありますが、やはり旅行に行った時の記憶は

なぜだか結構覚えていることも確かです。


やはり非日常で楽しかったということなんだなと思います。


デジタル化が進み記録も残しやすくなりましたが、色々と記憶に残してあげれる

親でありたいなと思います。


喧嘩もして泣いて笑って美味しいものを食べて幸せそうな顔を見ていると、

こちらまで幸せになりました。


4月でも沖縄は大賑わいでしたので、GWや夏場はもっとすごいんだろうなと・・・。


環境だけで人が集まるということはすごいことで、そこに付随するサービスも

もちろん大切ではあり、色々と素晴らしい面も感じました。


観光地に夢を抱きながら来られるお客様が多いですが、観光地で働いている側にとっては

日常茶飯事なので、中にはその差が現れてしまうケースもありましたが・・・。


接客業は演者と観客であり、私は今でもそう思っています。


演者次第で見え方も感じ方も変わってきます。

誰しもがどちらの立場になることもありますが、演者であるときはベストを尽くし、

観客であるときは横柄にならないことが大切だと思います。


想い出という記憶に残るということは、演者が頑張ってくれたからかもしれません。


春になり体も動きやすい時期になってきましたので、しっかりと地に足を付けて

頑張ろうと思います。


そして沖縄の不動産も面白そうだなと思って色々と物件を見て回れたのでよかったです。


仕事も遊びも範囲を広げて頑張ろうと思います。





閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page