家具。


『北欧風家具で統一したい』

『ダイニングテーブルは決めてます』

『趣味のロードバイクを壁に掛けたい』


などなど、内装的なイメージをお持ちの方も多いと思います。


同じ建てるなら、帰宅が楽しみで仕方ないようなお宅にしたいですよね。



【昨日あるメーカーさんの建物をご案内いただきました】


結論、とっても素敵でした。

2棟ご案内いただいたのですが、1棟目は家具などもしっかり配置されている建物でしたので、生活イメージが具現化されておりました。


コーディネーターの力は大きいなと改めて感じた次第です。

配色・部屋に合わせた家具の大きさ・高さ・照明の位置・ロールスクリーンなどの選び方・壁紙・取手・幅木etc。

言い出したらキリがありません。


火災警報器の位置ですら配慮してるなと。

結構何も考えずにつけている業者さん多いですよ。


【どこを重視するか】


資金・耐震・保証・気密性など、色々と今までもブログ化してきましたが、まずは資金計画ありきの計画をお勧めはします。


その資金計画の中で実現できる間取り、そしてその間取りの雰囲気をも変えてしまう内装・備品などはコーディネーターと打合せとなる場合がほとんどです。


正直昨日の感想は、そこだけで良くも悪くも決まってしまうのではないか?と思うくらいでした。


もちろん上記の項目の優先順位は個々であるかと思いますが、よいコーディネーターに巡り合うことも、いい家づくりにおいては大切だなと改めて思いました。


バランスの取れた内観は家全体のイメージを大きく変える要素です。


建物と内装であれば、内装に金額比重を置くという選択肢もありなのではないでしょうか。


【リノベーション・リフォームなら?】


ウッドショックの件もお聞きしましたが、やはりどこも影響は出てくるようです。

これだけ高騰すれば出ないわけがないですよね。


選択肢としましては、大規模リフォーム・リノベーション需要も増えてきそうだなと思います。


そういった際に、しっかりとしたコーディネーターさんに入ってもらうことが重要です。


素晴らしいコーディネーターさんもご紹介できますので、ご希望ありましたらご相談ください。


今日はかなりの雨量になるところもあるようですので、運転などにはくれぐれもお気をつけください!!



閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示