空色。


ちょっとかっこいい題名をと想いまして、付けさせていただきました。。。


冬の朝は本当に毎日空色が違いますので、それ目的で朝ランと言っても過言ではありません。


ドアを開けた瞬間でから気温や湿度を感じ、滑らないようにと走り出し、先日は見事転倒しました。


そんななかなかハードな毎日を過ごしていますが、その分の充実度も高い毎日です。


【買い手側の気持ちもに近いです】

不動産はやはり売り手より買い手側が悩むケースが大半です。

私もそういったお客様と毎日お話させていただいておりますので、この空色のように、日々お気持ちが変わられているように思います。


やっぱり保留にしたいです、他の方が先に決めればそれは仕方ないので・・・、など

マイナス要素の言葉が出てきたときの心中は写真のような空色だと思われます。


個人的には無理強いは絶対よくなく、そんなことで決める金額の代物ではありません。


私が結構強めにお勧めするときは、買いたいが強く、でも今一歩踏み出す何かが足りないと感じていらっしゃる時くらいです。


全部が全部好条件なんていうことはめったにはなく、何かひっかかる部分は合って当然です。逆になければ怪しんでもいいレベルです。


そのひっかかる部分を理由にされる方が多いのもまた事実ですが、それは土地だけをみているからになります。


形が、日当たりが・・・など、文句はたくさんつけられます。

それを覆せるのがプランニングとなりますので、土地にテントを張って住むぞ!という方は、土地がああでもないこうでもない議論をじゃんじゃんしていただいてオッケーです。


しかし、住宅を建てられる方はデメリットをメリットに変える策を模索してみても面白いのではないでしょうか。


そうすることで、心の中の空色が晴れやかになるかもしれません。


お悩みがありましたら、いつでも気軽にご相談ください。


最近はブログみて問合せしましたというお客様も増えてまいりました。

嬉しい限りです。


今後も自分なりに続けていけたらなと思います。





閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示