top of page

等級。


最近住宅選びご相談をよく承ります。

全体金額が上がってきた影響もあり、

選べる業者さんも限定され、その中で

よいものを選んでいきたいということ

です。


確かに長野市内で土地+建物ですと、

よほど土地金額を抑えていきませんと、

4,500万円オーバーになるケースが多い

です。


その限られたご予算の中で、どこも

同じような強度があるとの説明があれば、金額重視でも仕方ありません。


が、果たして本当に同じ強度なのでしょうか・・・。


結論から言いますと、同じではありません。

身近な例で言いますと、Jリーグには大きく分けましてJ1・J2・J3・JFLなどがメジャーな

カテゴリーがあります。


もちろん勝負ごとなので、JFLチームがJ1チームに勝つこともたまにあります。


住宅ではこういったことは考えにくいです。


J1での等級3・J2での等級3・J3での等級3・JFLでの等級3は基準が違います。

どのカテゴリー強度が強いかはお伝えするまでもないかと思います。


間取りは同じ、強度も耐震等級3、設備や内装はJ3の方がワンランク上となり、

金額もJ3の方がコストパフォーマンスがあるとなりますと、J3選択しますよね。


ここでのポイントはそれぞれのカテゴリーで等級3から等級1までがあるという

ことです。


ここが住宅業界の深い部分です。


J1の耐震等級3とJFLの耐震等級3の強度は果たして・・・。


どれがよくてどれがだめという訳ではないですが、それなりの差がありますので

ご興味ありましたらお問合せください。


最近たまに「ん?不動産だよな?」と自問自答する瞬間があります。笑


そこは気にせずにご連絡いただければ、細かいところまでご説明させていただきます。


高い買い物ですので、楽しみながら購入いただければと思います。


真剣に苦しみながら進める話ではありませんので、楽しんでいきましょう。


年度末も近づいてきましてバタバタしてきましたが、それすらも楽しんでいくつもりです。


本日も素敵な一日をお過ごしください。




閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

団信。

Opmerkingen


bottom of page