絵本。


ここのところ、下の子が絵本を持ってくる率が高まってきました。


とにかく読めと。。。


好きな絵本はだいたい決まってはいますが、上の子とはタイプが違う本が好きなので個性を感じる日々です。


自分が親に読んでもらったことは記憶にはないですが、親はこういう気持ちで読んでたんだなと思えることができるのも

よい体験だなと。


アニメも絵本もそうですが、結論はだいたい同じですが、そこまでの構成が

色々と練られていて面白さを感じます。

突拍子もないことが起きるケースもありますが、結論はだいたい同じ。


そう考えますと起承転結の結が同じですので、起承転をどう考えるかになってきます。


これは仕事も同じだなと思います。

もちろん結論はお客様ごとに違いますが、不動産に限らず購入するという結果が同じ商売は起承転のストーリー性を考えることが大切だなと。


例えばスーパーであればモノを手に取り目で見ることができるので、結論は出しやすい。


一方で不動産はそのモノができている時もあれば、そうでない時もあります。

特に新築は建売以外は未完成のモノを先行契約するという代物ですので、大変難しいと思います。


一方中古住宅はモノが確認できるというメリットはありますが、実際に住んでみたら思っていたのと違った、設備がうまく動かなくなったなども時にはあります。


購入した側からすれば、ずっと使えるものだと思っていた。

売却した側からすれば、あくまで中古住宅なんだからずっとは無理でしょ、となります。


もし同じ場所で新築を建てて購入することと比較するとお値打ちに購入できるので、

中古住宅はその辺りの理解もしていただいた上でのご購入となります。


そのための重要事項説明になりますので、しっかり読み合わせをして頂ければと思います。


本日は天候が荒れそうなので、お気をつけてお過ごしください。


閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示