訪問。


営業マンとしては、あまり良い響きの言葉ではないかと思われます。

稀に訪問に生き甲斐を感じている営業もいましたが、コロナ禍の現在では慎重にお伺いする必要もあるかと思われます。


いま思えばですが、メーカーに勤務していた頃はやはり甘えがあったので、訪問しなくても基本給は確保できていました。


しかしながら、現在はそういうわけにはいきません。

基本給は誰も払ってはくれません。


ですので、自ら動くしか方法はありません。


昨日打合せさせて頂いたお客様は、独立は私はできないとおっしゃっておられました。


これは喉元過ぎればです。

三年前、二年前に起きていたことを覚えてはいると思いますが、今考えるとなんてことなくないですか?


これは個人差あるかもしれませんが、私はなんてことありません。


その状況になれば、やるしかないのですから。


家族のために基本給を稼ぐのも大正解ですし、稼ぐしかない状況で稼ぐのも間違いではないかと思います。


コロナの時期に…なんていうことはナンセンス?です。使い方あってますかね…


いつなんどきも、やることは同じです。


基本給あろうがなかろうが、真剣に取り組めばなんとかなります。


真剣に取り組む自信がなければ基本給確保が正解です。


真剣に仕事をするつもりがあれば、基本給なくてもなんとかなります。


サラリーマンの頃は、起業なんて大変だろうな。

起業後はサラリーマンは大変だな。


面白いものですね。


人生何もないより色々あった方がいいじゃないですか。


起業したら突き進むしかないので、よりお客様のために何が出来るかを真剣に考えます。


むしろそれしか考えません。


うまくいくかいかないかは結果論で、まずは真剣に考えて行動すれば、大変いいお客様に出会えます。


私にできることは、後先あまり考えずに、お客様の立場に立って考え、嫌われようが何しようが言わなきゃいけない事はしっかりお伝えするのみです。


お客様は不動産購入は初めてですので、生半可な知識で動くべきではありません。


それを利益追求ではなく、だめなものはだめだとしっかり物申せる不動産屋でありたいなと思います。


こちらが一歩踏み出せないと、お客様も間違った方向に踏み出してしまいますので。


来週末は山あり谷ありでご契約いただきましたお客様ご家族との食事会になります。


楽しみで仕方ありません。


歩けなくなるまでは、この仕事を続けようと思います。







閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示