錯誤。


言ってもなかなか伝わらない場合は、お互いの論点がズレているケースが大半です。

最近は色々と情報が得やすくなっておりますので、それだけの情報のみでお話を進めますと、実際は違うんですよと言ってもズレが生じます。

現場で起きていることが全てでもあります。机上の空論では話が進みません。


メールですべてを説明することは不可能ですし、コロナではありますが直接会っての会話は重要な要素だと言えます。


勘違いが勘違いを生み、どうしようもなくなるケースもありますが、こちらもきっちりと筋道を立ててのご説明が重要だと思います。


こういったお話は感情的になることは簡単ですが、そうなれば話は一層ややこしくなります。


幸いなことに私は運だけは良いので、皆様お話すればおわかりいただけるお客様ばかりで

いつも助けられております。


こちらの当たり前は相手の当たり前ではないということは当然ですが、常にそう思えているかと言えばそうでない時もあります。


ですので、色々なシーンを想定しながら日々取り組んでいければと思います。


コロナをインフルエンザレベルに考えてはどうだ?といった議論もされているようですが、まだまだ怖いので、マスク手洗いうがいを続けるようにしていきましょう。


今日は何だかいつもより暖かいので、明日は走りやすそうですので頑張ります。




閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示