北。


『日当たりいい南向きの土地がいい』

『道路が南だと建物立たないから安心』

『やっぱり南向きでしょ』


などなど、南という響きは住居を選ぶ上では魔法のようなワードです。


いいですよね、南。

聞いているだけで何だか明るくあたたかい感じがしてきます。


【そもそも金額差は必然】

同じ分譲地内で面積も同等ですと、やはり北区画より南区画の方が値が張ります。


理由は先ほどの通り、日当たり確保・将来性などが該当してきます。

周辺状況などによりけりですが、坪3万円~6万円くらいは差がつくケースが多いです。

50坪だと300万円ほど違いがでてくることもあります。なかなかですね。


【実際はどうなのか】

先日北側に道路があるお宅にたまたまお邪魔させていただきました。

玄関からリビングに入り、その先にお庭があるという感じです。


結論『めちゃめちゃ明るいやん』というのが正直な感想です。


しかもお庭がいい意味でクローズ感があり、庭でのBBQも非常に楽しめました。

だって誰が通るわけでもないので、目線が落ち着くといった表現が合っているかどうかは別にして、かなり落ち着きました。


これが例えば南側に道路があると、当然南側にお庭があるケースが大半な訳で、結構人は通りますよね。丸見えの中BBQも善し悪しはあるなと思います。

(気にしない人は気にしないと思いますが)


もちろん外構で塀を立てたり、建物の形状を工夫したりすることで避けられる話ではありますが、前述の通り、ただでさえ高額な土地に上乗せ費用が次々にかかってきてしまいます。


【予算を気にされるのは当然】

どのお客様とお話しても予算予算とおっしゃいます。もちろん一番重要な点の一つです。

全てを叶えようとすると、とても皆様のお考えの予算内に収めることは難しいケースが大半です。


まずは土地に対する考え方を変えてみるというのも、一つの予算縮小案と言えます。


【建物は果たしてどうするのか】


そのお宅は建築条件付き土地だったので、メーカーではない業者さん建築でした。


結論こちらもめちゃくちゃ快適でした。噂の全館空調がついておりまして、真夏なのにまあ涼しいこと。


電気代も当初言われたように月7,000円前後で収まっているようです。

こちらもびっくりはしましたが、何でも体感してみるもんだなと改めて思った事案です。


今回の大雨での災害も踏まえまして、ハザードをしっかり確認する意向がより強まることは確実ですが、逆から考えればホワイトゾーン価格がUPする傾向も否めません。


決して予算繰りは無理せずに、違った角度の考え方や実例も体感いただき、良い部分は取り入れながら着地できるように家づくりを進めていただければと思います。


今日はお盆最終日ですが営業はしておりますので、何かありましたらご連絡頂戴できればと思います。


それでは一日頑張っていきましょう!!





閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示