Resort。


『将来どこかで別荘を所有したい』

『大型連休は別荘で!!』

『家族や知人と泊まりに行きたい!』

など、少なからず別荘への憧れなどは

皆様お持ちになられているのではないでしょうか。


私もその中の一人です。


【ネームバリュー】

大自然に囲まれている長野県にも色々なリゾート名があります。

誰もが知っている『軽井沢』

名前も素敵な『蓼科』

何だか透明感のある『上高地』

バブル現象の『白馬』

子供に大人気『白樺』

北信避暑地『飯綱』

外国村のある『野尻湖』などなど、結構なリゾートが存在します。


やはり全国区は軽井沢・上高地でしょうか。

ここまで名前が通っていれば、いざ別荘を探してみてもいわゆる桁が2つほど違いました。


一般にはなかなか手が出せない価格帯となっております・・・。


【どう楽しむか】

先日信濃町・野尻湖などに出かけましたが、外国の方々が非常に多かったです。

時期的に日本に住んでいる外国の方々だと思われます。ほとんどが関東ナンバーの車でこられてましたので。


恐らくですが、日本人より『休日をとことん楽しむ』ことに長けてらっしゃるので、皆様すごく楽しそうに過ごされておりました。


日本はまだまだ働く文化が根付いているので、休みも仕事が気になってみたりすることも多く、長期休暇取得も実際は実現できていない事実もあります。


手作り感のあるログハウス(ご自身建築ではないでしょうけど)や、自分で塗り替えた感のある古めの別荘で、思い思いの過ごし方をされてました。


実働別荘価格は先述しました2桁違います・・・。


【満足感は変わらない??】


もちろん軽井沢で別荘を構えることのステータス感は抜群だと思います。

自慢しますね、私なら。


でも実際にご家族と過ごすのがどちらが楽しいかというと、軽井沢も野尻湖も変わらないように思いました。


どう過ごすか、どう楽しむかではないでしょうか。


それは我が家でも同じことが言えるのではないでしょうか。


高級メーカーで建てた満足感・品質の良さはもちろんありますが、だからといって価格を抑えたメーカーで建てたら満足感がないのかというと、十分あると思います。


どのように楽しめる家を建てるか、どれだけ真剣に考えて楽しめる間取りなどを実現できるかがポイントではないでしょうか。


最近色々な建物を見させていただく機会が多くありまして、皆様幸せそうに暮らされてますので、ますますその想いは強くなりました。


ご希望の場所はお探ししますので、無理のないご資金計画で、ご家族皆様が楽しめる家づくりを是非実現いただければと思います!!


雷がなっておりますので、お気お付けてお過ごしください。



閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示